パチンコ:日本の人気のギャンブルデバイス

日本ではギャンブルはそれほど普及していませんが、パチンコは日本にルーツを持つ機械式ゲームです。アーケードゲームのレクリエーション形式として使用されます。しかし、ほとんどの場合、ギャンブルデバイスとして、カジノで見られるゲームスロットマシンのようなものです。それでは、パチンコさんが知っておくべき重要なことを見てみましょう!

パチンコ店やカジノ?

パチンコは日本で最も人気のあるゲームの1つであるため、カジノのように見える可能性が最も高い別のパーラーのセットがあります。これに加えて、パーラーはいくつかの人気のあるスロットマシンも設置しています。従来のパチンコパーラーとは異なり、現代のパチンコゲームはデバイスにデジタルコンポーネントと物理コンポーネントのハイブリッドを使用しています。

パチンコ店やカジノ

パチンコ店ではリアルマネーでのギャンブルは許可されていますか?

ではない正確に!
先に述べたように、日本では金銭の賭けはまだ合法ではありませんが、パチンコの人気は日本社会に広まっており、法的な抜け穴が生じています。日本の法律によると、ゲームで獲得したパチンコボールは、パチンコ店で直接現金に交換することはできません。他のパチンコ店と交換したり、敷地から除外したりすることはできません。それらは、日本語で「徳州京浜」と呼ばれる「特別賞」トークンを介してのみ合法的に取引することができます。後で、これらのトークンは、オフプレミスにとどまる別のベンダーと合法的にお金で売ることができます。さらに、これらのベンダーはトークンを同じ金額でパチンコ店に販売し、いくらかの手数料を受け取ります。

それはどのように機能します

パチンコ機はどのように見えますか?それはどのように機能しますか?

パチンコ機は縦型のピンボール機のように見えます。しかし、それは多くの点で西洋のピンボールとは異なります。何よりもまず、パチンコ機は直径11mmの小さな鋼球を使用し、所有者がプレーヤーに貸し出します。一方、ピンボールゲームは、捕らえられた巨大なボールを使用します。ここでは、パチンコボールがアクティブオブジェクト、賞品、賭けです。プレーヤーは、1つまたは複数のボールをマシンにロードし、その結果、パチンコ機の内部に埋め込まれているハンマーに取り付けられたバネ式ハンドルを押して放します。これにより、ボールが金属トラックに発射されます。一部のパチンコ機は、ボールが上に達すると跳ね返るバンパーで構成されています。一方、ボールが2回目にトップに到達したときに、ボールがフィールドの周りをスライドして落下することを許可するものもあります。

パチンコ機の設計

パチンコ機の設計:

パチンコ機は、モード、ゲート、装飾、音楽など、さまざまな面で異なります。ほとんどのパチンコ機は中央に液晶画面があり、画面の左側にボールを置いて遊ぶことでゲームを続けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *