Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」
NEWZINE(ニュージン)は新サービス・新商品などの無料でPR・プレスリリースができる投稿型プレスリリースサイトです。新しい商材の広報・宣伝にお使いください。
 
プレスリリースサイト[NEWZINE] > プレスリリース一覧 > JCN株式会社
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」

JCN株式会社のプレスリリース

糖尿病患者の3人中1人は西太平洋地域に



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
http://newzine.net/newsrelease/27290/



JCN株式会社のプレスリリース

2012年11月14日 12:00
[カテゴリ] 調査報告 [業種] 医療機関



国際糖尿病連合(IDF)が2012年世界糖尿病デーを機に発表した新たな推定によれば、西太平洋地域の人口の8.5%にあたる1.32億人が糖尿病を患っています。




国際糖尿病連合(IDF)が2012年世界糖尿病デーを機に発表した新たな推定によれば、西太平洋地域の人口の8.5%にあたる1.32億人が糖尿病を患っています。中国は、依然として糖尿病患者数では世界第1位で、9220万人の患者がいます。

西太平洋地域では年末までに、170万人が糖尿病で死ぬと見込まれています。これは世界で最も死亡者数の高い地域です。また推定によれば、地域の最大7700万人が、まだ診断されていません。

「西太平洋地域は現在糖尿病の中心地となっています。」と、IDF西太平洋地域会長の清野裕氏は述べました。「このような状況にある人々を保護するために、政府や同じ考えを持った企業・団体が、さらに多くの措置をさらに採っていただきたいと考えています。」

IDFの「糖尿病アトラス2012年更新版」のこの西太平洋地域のデータは、世界規模で糖尿病が衝撃的なほど増大していることを示しています。2012年の全世界の糖尿病患者の数は、2011年の3.66億人から、3.71億人に増えました。

「世界のそれぞれの国、そしてそれぞれの地域社会で、この苛酷で死に至ることもある病気との戦いに、我々は敗れつつあります。」と、国際糖尿病連合(IDF)会長のJean Claude Mbanyaは述べました。「世界糖尿病デーでは、適切な教育と治療により、糖尿病は制御でき、場合によっては予防もできるということを、さらに知らしめたいと考えています。」

「何百万人もの人々が働き盛りに糖尿病で亡くなっています。」と、IDF CEOのAnn Keelingは付け加えました。「社会の安定が脅かされ、国や自治体に大きな政治経済的負担がかかっています。しかし、糖尿病は健康や開発に関するグローバルなアジェンダでは隅に追いやられ、深刻なリソース不足に陥っています。」

本日の世界糖尿病デーなどのキャンペーンによって、糖尿病患者の声を紹介し続け、擁護運動から地域およびグローバル規模の活動へ移行するために、すべての関係者に働きかけていきます。

糖尿病アトラス第5版の2012年更新分と、国別/地域別ファクトシートについての詳しい情報は、下記をご覧ください。
http://www.idf.org/diabetesatlas/

世界糖尿病デーについて

世界糖尿病デーは毎年11月14日に行われます。世界糖尿病デー・キャンペーンは、国際糖尿病連合 (IDF)と加盟協会により主導されています。全世界で何百万人もの人々が、糖尿病関連の擁護活動や啓もう活動に従事しています。世界糖尿病デーは、1991年に、現在糖尿病が引き起こしている健康への脅威の深刻化に対する関心の高まりに対応するために、国際糖尿病連合および世界保健機関(WHO)により制定されました。世界糖尿病デーは、2007年に、国連決議61/225の可決により、正式な国連デーとなりました。キャンペーンでは、糖尿病問題の深刻さについて世界の関心を集め、糖尿病が世間から注目されつづけるような活動をしています。今年は、5年間のキャンペーンの4年目で、糖尿病教育と防止プログラムのニーズの高まりに対応する予定です。

www.worlddiabetesday.org

国際糖尿病連合(IDF)について

国際糖尿病連合(IDF)は、160か国以上の200以上の国内糖尿病協会を統括する組織です。増え続ける糖尿病患者とその危険のある人々の利益を代表しています。協会では、1950年から、全世界の糖尿病コミュニティをリードしてきました。IDFのミッションは、糖尿病治療、防止および治療方法について、全世界に広く知らしめることです。国際糖尿病連合が主導する「Unite for Diabetes (糖尿病に対して団結しよう)」キャンペーンでは、2006年12月に国連決議を獲得しました。 www.idf.org

Twitterをフォロー: www.twitter.com/wdd

Facebookのファンになるには: http://tinyurl.com/39c6ojs

YouTubeには、当協会の動画があります。 http://www.youtube.com/user/WorldDiabetesDay

その他の質問とインタビューのお問い合わせは以下のとおりです。
国際糖尿病連合
Sara Webber (PRコーディネーター)
+32 2 543 16 39/+32 496 12 94 70
Sara.webber@idf.org
www.idf.org

概要: 国際糖尿病連合(IDF)

【お問い合わせ先】
〒106-0047
東京都港区南麻布4-14-2
JCN株式会社
担当:竹田 
Email:



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
 
Copyright(C) 2008 Level Q inc. All Rights Reserved.