Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」
NEWZINE(ニュージン)は新サービス・新商品などの無料でPR・プレスリリースができる投稿型プレスリリースサイトです。新しい商材の広報・宣伝にお使いください。
 
プレスリリースサイト[NEWZINE] > プレスリリース一覧 > C&Rリーガル・エージェンシー社
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」

C&Rリーガル・エージェンシー社のプレスリリース

外資系メーカー出身弁護士が教える、これからの法務部員が押さえておくべき「知財法務」のポイント&英文契約書レビューのポイント



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
http://newzine.net/newsrelease/13572/



C&Rリーガル・エージェンシー社のプレスリリース

2011年06月20日 17:00
[カテゴリ] イベント・セミナー [業種] 法律
[関連URL] 外資系メーカー出身弁護士が教える、これからの法務部員が押さえておくべき「知財法務」のポイント&英文契約書レビューのポイント



企業の法務部員向け実務セミナー。7/14(木)開催セミナーでは「法務部員のための知財法務」にフォーカス。「明日から使える実践内容をケーススタディとともに解説いたします。




【第3回 企業の法務担当者向けセミナー】
======================================
外資系メーカー出身弁護士が教える
これからの法務部員が押さえておくべき
「知財法務」のポイント&
英文契約書レビューのポイント
======================================

自社製品やサービスを海外に輸出する、展開するという企業が増える中、自社の権利を保護するという役割は、企業の法務部が担うべき要素のひとつとなっています。

グローバル化・国際社会での競争力が求められる中、メーカーやIT関連企業のみならず、事業会社で働く法務部員の方々にとっても、自社製品やサービスを保護する知的財産分野に関して基本的な知識は押さえておきたいところです。

しかしながら、実務として携わることが多い契約書関連の講座で知識を培う機会はあっても、知財分野にまつわる法的知識をブラッシュアップする機会はあまり多くないという声を多く聞きます。
「知財関連業務は知財部や特許部が担当だから」「法務は契約業務がメインだから」といった就業環境にあっても、知財法務のポイントを知っておけば、契約書業務や社内からの法律相談においても、より広い視野と深い論点を持って対応をすることが可能になります。

今回は、「法務部員が押さえておくべき知財法務」という点にフォーカスし、概念など理論によった内容ではなく、「明日からでもすぐに使える・役立つ」実践の内容を重視。法務経験はあっても知財に関する知識習得は初めてという方を想定し、豊富なケーススタディに基づき、実践的にわかりやすく解説をいたします。

また、知財法務では、英文契約書でのやりとりも多く想定されることから、セミナーの後半では前回開催にて大好評をいただいた「英文契約書の実務」にまつわるプログラムをご用意し、英文契約書に関する基礎知識ならびに、レビューに際した3つのポイントを、コンパクトにわかりやすく解説いたします。

初級〜中級クラスの法務部員の方のスキルアップにおすすめのセミナーです。

皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

***************************************
◆プログラム◆

1. 特許侵害警告
ある日、御社に対して、特許侵害を主張する内容証明郵便が届きました。
どのような対応をとるべきでしょうか。
また、逆に御社が特許侵害を発見した場合はどうでしょうか。
a)最初に確認すべき事項
b)反論の類型
c)いくつかの着地点と、想定されるリスク

2. 職務発明対価請求
先日御社を退職した研究者から、発明報償金が足りないとして職務発明対価を請求されました。どのように対応すればよいでしょうか。
a)職務発明制度とは
b)対価の額の算定方法
c)もめないための職務発明報奨制度

3. 模倣品
御社の製品が、他社の製品に似ているとのクレームがありました。どこまでがグレーゾーンで、どこからアウトになるのでしょうか。
a)知的財産法における保護
b)不正競争防止法における保護
c)民法における保護
d)リバースエンジニアリングとクリーンルームメソッド

4. 英文NDA(秘密保持契約書)の注意点
英文契約書で最も目にすることが多いNDAについて、実例を挙げてポイントを解説します。
a)権利義務の概要
b)条項のポイント
c)英文NDA特有のポイント

5. 質疑応答

***************************************

<開催概要>
◆テーマ
外資系メーカー出身弁護士が教える、
これからの法務部員が押さえておくべき
「知財法務」のポイント&英文契約書レビューのポイント
◆開催日時
2011年7月14日 18:30〜20:30
(開場18:00〜、開演18:30〜)
◆会場
C&Rリーガル・エージェンシー社 
2Fセミナールーム
東京都千代田区麹町2-10-9 C&Rグループビル
 ▼アクセス
 http://www.legal-agent.jp/access.html
◆講師
弁護士 笠原 基広 氏
(AK法律事務所所属、元ダウ・ケミカル日本(株)・ノキア・ジャパン(株)法務・特許部)
◆定員
30名 
※定員となり次第、終了とさせていただきます
◆主な対象者
企業法務部(国内法務・海外法務・知的財産部)の実務担当者
◆参加費
セミナー会員:無料 一般:5,000円
※ セミナー専用フォームからお申込みいただいた方は無料にてご参加いただけます。専用フォームからご登録いただいた方には、セミナー会員として今後弊社にて開催する法務セミナーのご案内や法務に関する各種情報をご提供させていただきます。
※ ご登録者以外の方は、一般参加者として5,000円の参加費用がかかります。下記E-mailより、必要事項をご記入の上、お申込みくださいませ。お申込み締切日(7/7)までに銀行振り込みにてご入金をお願いさせていただきます。詳細につきましては、お申込み受付の返信メールにてご案内させていただきます。

◆お申込み
セミナー申込みフォームより、お申込みください
※1社から複数名ご参加いただけますが、各人ごとにお申込みが必要です。
◆申込方法
セミナー専用申込みフォームよりお申込みください。
https://www.legal-agent.jp/seminar/
◆申込締切:2011年7月7日(木)



<講師プロフィール>
弁護士 笠原 基広 氏
九州大学工学部合成化学科卒業。ダウ・ケミカル日本(株)製品開発研究所、米国本社勤務を経て、法務・特許本部にて、特許・ライセンシング業務に従事。その後、ノキア・ジャパン(株)特許部にて特許取得、ライセンシング等の特許業務に従事。青山学院大学法科大学院を修了し、弁護士登録。現在はAK法律事務所にて、メーカー等のクライアントに対して、知的財産法務、企業法務を提供。企業勤務の経験を活かしたきめ細やかなサービス提供に定評がある。

-------------------------------------
【本件に関するお問い合わせ】

C&Rリーガル・エージェンシー社
セミナー事業部 セミナー担当
TEL:03-4550-0095
E-mail:seminar@legal-agency.co.jp
-------------------------------------

【お問い合わせ先】
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-9
C&Rリーガル・エージェンシー社
担当:セミナー担当
Email:
TEL:03-4550-0095 / FAX:03-4550-0096



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
 
Copyright(C) 2008 Level Q inc. All Rights Reserved.