Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」
NEWZINE(ニュージン)は新サービス・新商品などの無料でPR・プレスリリースができる投稿型プレスリリースサイトです。新しい商材の広報・宣伝にお使いください。
 
プレスリリースサイト[NEWZINE] > プレスリリース一覧 > 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
新サービス・新商品のプレスリリースサイト「NEWZINE <ニュージン>」

東京コンテンツプロデューサーズ・ラボのプレスリリース

東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ『2009 新カリキュラム発表会』



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
http://newzine.net/newsrelease/1304/



東京コンテンツプロデューサーズ・ラボのプレスリリース

2009年01月23日 22:00
[カテゴリ] イベント・セミナー [業種] 新聞・出版・放送
[関連URL] 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ『2009 新カリキュラム発表会』



TCPLは産学連携で開発に取り組んだ新たなカリキュラムをコンテンツ業界の方々、2009年4月開講の第2期TCPL入所検討者の方々に向け、発表を行い、現在求められているプロデューサーの力と、それを得るために必要なカリキュラム・教育体制をアピールします。




東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ|東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ『2009 新カリキュラム発表会』

音楽、アニメ、映像などメディア融合時代の「コンテンツプロデューサー」を養成する日本で初めての専門ビジネススクール、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ(以下、TCPL)(所在地:東京都新宿区、所長:菊池尚人)では、2008年10月20日にJAPAN国際コンテンツフェスティバルオリジナルイベントとして、東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ主催、コンテンツ学会協力のシンポジウム「クロスメディア時代のコンテンツプロデューサーに向けて」を開催しました。
このイベントを機に、TCPLでは、コンテンツ業界に求められる人材の育成を目指し、産学連携によるカリキュラム開発を実施。音楽、映画、ゲーム、エンタテインメントなどコンテンツ業界を牽引する各企業の方々にご参加いただく「カリキュラム開発委員会」を発足し、業界のニーズにこたえるための知識が得られるカリキュラムを開発しました。

このたび、この産学連携で開発に取り組んだ新たなカリキュラムを、コンテンツ業界の方々、ならびに2009年4月より開始される第2期TCPL入所検討者の方々に向け、発表を行い、現在求められているプロデューサーの力と、それを得るために必要なカリキュラム・教育体制を公開します。

『TCPL 2009年度 新カリキュラム発表会』プログラム
11:00〜   開会挨拶 CATグループ理事長 吉原滉一
11:05〜   カリキュラム開発趣旨、発表説明 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ所長 菊池尚人
11:10〜   カリキュラム内容詳細発表 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボGM 小野打恵
11:20〜   各講座内容発表 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ講師
11:50〜   コンテンツ産業界、教育界からカリキュラム内容へのコメント(登壇予定)
進行:森祐治(TCPL講師、株式会社シンク、慶應義塾大学大学院講師)
専修大学情報ネットワーク学部教授・福富忠和先生
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授 中村伊知哉先生
中間責任法人日本オンラインゲーム協会事務局長 川口洋司氏
株式会社よしもとクリエイティブエージェンシー取締役 水谷暢宏氏
株式会社コロムビアミュージックエンタテインメント執行役員 竹中禎一氏
角川映画株式会社プロデューサー 鍋島壽夫氏
12:20〜   各省庁からのコメント (登壇予定)
進行:菊池尚人(TCPL所長、慶應義塾大学大学院准教授)
経済産業省商務情報政策局文化情報関連産業化(メディアコンテンツ課) 野澤泰志氏
総務省情報通信政策局コンテンツ振興課 飯村由香理氏
12:35   終了予定

「TCPL2009本科」のカリキュラムとは?
■これまでの経緯
−業界から寄せられるクロスメディア時代にふさわしい人材育成への期待
東京コンテンツプロデューサズ・ラボは、アニメ、ゲーム、音楽から、映画や、ネットビジネス、ケータイビジネス、キャラクタービジネスなど、日本で初めて、世界的にも類を見ない、分野横断的なコンテンツビジネスのプロデューサー養成ビジネススクールとして2008年春に開講しました。1年間の受講期間を経て、この3月に第1期受講生が修了を迎えますが、コンテンツビジネスを目指す方からはもちろん、そうした人材を望む企業からも、クロスメディア時代にふさわしい人材育成に大きな期待が寄せられています。

■産学連携でのカリキュラム開発を目指す「カリキュラム開発委員会」とは?
−即戦力となるプロデューサー力を身につけるためのカリキュラムを産学連携で開発
09年度は、こうした期待にこたえ、かつ初年度の成果をふまえ、パートナー企業の皆様の協力により、「カリキュラム開発委員会」を発足。講師とともにサポーター企業各社の方々に開発委員としてご参加いただき、カリキュラムを開発。これにより業界や実際の現場ニーズから遊離しない、リアルなカリキュラムの構築を行っています。

■TCPL2009カリキュラム開発の目的
−6ヵ月間で実践的なスキルを手に入れるシミュレーション型カリキュラム
新カリキュラムは、受講期間を半年に短縮。6ヵ月間の講義と実習で、コンテンツビジネス・ プロデュースのノウハウを習得するカリキュラムを編成。またコンテンツビジネスを事業計画にまとめ、プレゼンテーションにより資金調達、ビジネスマッチングなど実現できる環境を整備。
 コンテンツビジネスのノウハウは、実務についてオンジョブで習得するしかなかった業界の現状を打破、特に数年間かけて複数のコンテンツ分野で異動・転職を経験した人しかなりえなかったクロスメディア対応のプロデューサーの不足という課題を解決。6ヶ月間でクロスメディア時代のプロデューサーを養成するカリキュラムを開発しました。

【開催日時】 2009年2月7日(土) 10:30開場/11:00開演  12:35終了予定
【 会 場 】 東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ 206教室 http://www.tcpl.jp
【所 在 地】 東京都新宿区下落合1-1-8 東京アニメーションカレッジ専門学校内
(JR山手線・西武新宿線「高田馬場」駅 早稲田口より徒歩5分/
東京メトロ東西線「高田馬場」駅1番出口または2番出口より徒歩5分)
【申込方法】 参加無料 先着50名様 事前申し込み  http://www.tcpl.jp/openschool/

【お問い合わせ先】
〒161-0033
東京都新宿区下落合1-1-8 東京アニメーションカレッジ専門学校内
東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ
担当:戸松尚紀
Email:
TEL:03-5338-9822



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]
 
Copyright(C) 2008 Level Q inc. All Rights Reserved.