Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
大阪武術文化研究会のプレスリリース

第8回香港国際武術フェスティバル、初の日本本地人審判参加



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/5300/



大阪武術文化研究会のプレスリリース

2010年02月26日 00:00
[カテゴリ] 社内活動報告 [業種] その他
[関連タグ] 香港 / 武術 / 審判 / 日本人
[関連URL] 第8回香港国際武術フェスティバル、初の日本本地人審判参加



来たる2010年3月11〜15日に中国香港にて開催される『第八届香港国際武術節』に、(元)大阪武術文化研究会主宰兼コーチの伊藤晴香が、日本本地人としては初の審判員を担当することとなった。






来たる2010年3月11〜15日に中国香港にて開催される『第八届香港国際武術節(The 8th HongKong International Martial Arts Festival/第8回香港国際武術フェスティバル)』に、(元)大阪武術文化研究会主宰兼コーチの伊藤晴香が、日本本地人としては初の審判員を担当することとなった。


『香港国際武術節』は、香港ナショナル武術チームの元代表メンバーで、国際武術連盟(IWF)主催の世界武術選手権大会でチャンピオンになった張萬強氏らが発起し、“武術を通じて友好の輪を広げよう”という趣旨のもと、2003年から年に1回行われているもの。参加者数は増加の一途をたどっており、8回目となる今大会は参加数なんと6,000超。
また、毎回のようにサモ・ハン・キンポーやユン・ピョウなどの映画スターや中国武術界の重鎮や実力者も開幕式に顔を見せる大会ともなっている。

地元香港や中国をはじめとしてさまざまな国や地域から多数の参加者が関係している大会であるが、日本本地人(日本で生まれ育ち、活動拠点を日本に置いているネイティブ日本人)が審判業務を務めるのは、この大会においては今回が史上初。
日本に活動拠点を置いている中国人老師たちが過去に審判を務めたことをのぞけば、事実上は伊藤が同大会の日本本地人審判第一号となる見通し。・
伊藤は「今回も選手として出場しようかと考えていましたが、大会総審判長のご指名で審判業務を依頼され、非常に驚いています。ご期待に添えるように努めたいと思います」とコメントしている。

【お問い合わせ先】
〒558-0004
大阪府大阪市住吉区長居東
大阪武術文化研究会
担当:伊藤晴香
Email:
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

大阪武術文化研究会のその他のプレスリリース

大阪武術文化研究会のプレスリリース|第8回香港国際武術フェスティバル、日本選手大健闘

第8回香港国際武術フェスティバル、日本選手大健闘

大阪武術文化研究会
2010年03月22日
その他告知・募集 | その他
去る2010年3月11〜15日に中国香港にて開催された『第八届香港国際武術節(The 8th HongKong International Wushu Festival/第8回香港国際武術フェスティバル)』にて、日本選手勢が前年までと同様に大健闘した。
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。