Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
株式会社アイウィルビーのプレスリリース

2017年5月20日、21日開催「霊峰つるぎ山を訪ね、三木家ご当主と会う特別な忌部ツアー」



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/44246/



株式会社アイウィルビーのプレスリリース

2017年04月09日 03:00
[カテゴリ] その他告知・募集 [業種] その他
[関連タグ] 阿波忌部
[関連URL] 2017年5月20日、21日開催「霊峰つるぎ山を訪ね、三木家ご当主と会う特別な忌部ツアー」



2017年5月20日、21日開催「霊峰つるぎ山を訪ね、三木家ご当主と会う特別な忌部ツアー」




株式会社アイウィルビー|2017年5月20日、21日開催「霊峰つるぎ山を訪ね、三木家ご当主と会う特別な忌部ツアー」



「女神性」。それは、肉体上の男女の性別のことではなく、すべての人に備わっている生命を生み出し、慈しみ、育む、愛そのもの。私たちに流れる、万物を創造し、命を生かしているエネルギー。神とはそのエネルギーであり、いつも私たちの内から輝いている本質。けれども、あれこれ思考をめぐらすあわただしい日常生活の中では、それを意識することも、実感することも忘れ、私たちは、自分の本来の在りようから離れてしまいがちです。日本神話の源流の地「阿波」。日常を離れ、大いなる母である阿波の女神のふところに包まれながら心をしずめる時、私たち一人一人にすでにある、内なる神、その平安と普遍的な愛に触れることができるでしょう。鳴門の音魂、“なると”は、十に成る、つまり神の次元に入るということを意味しています。今回の旅では、内なる神を感じながら、鳴門でその感覚をより深めてまいりたいと思います。
日時:2017年 5月20日(土)-21日(日)
案内人:松前兼一
セミナー:林博章先生(阿波忌部研究第一人者)
「忌部文化のすべてを語る」
三木信夫氏(阿波忌部直系末裔)
「大嘗祭と阿波忌部」
定員:8名(定員になり次第〆きり)
会費:45,000円(一泊二食・バス代・リフト料金・セミナー費含む)
−会費は、お申込みの5日以内にお振込みをお願いします。尚、お振込みの確認を持って正式なお申込みとさせて頂きます。
−お振込み口座  みずほ銀行 高輪台支店
カ)アイウィルビ− 普通 1054215

お申込み詳細はこちら
http://iwillbe.co.jp/megami/

林 博章氏(はやしひろあき 古代史研究家)
1965年生まれ。青山学院大学法学部卒。2005年3月鳴門教育大学大学院修士課程修了(地理学)。
1997年から古代阿波の歴史研究に着手。
2004年には、阿波歴史民族研究会を発足、阿波再興と地域再生に向けて各産業界市民と連携して啓発・提案活動を行っている。
2005年6月には、第一回全国忌部サミットを企画し実行委員を務める。
2006年4月には「日本各地を開拓した阿波忌部の足跡〜安房国編〜」(吉野川市鴨島公民館)
2007年6月には「日本の建国と阿波忌部」を刊行、10月には吉野川市合併3周年記念事業「吉野川市と阿波忌部」を企画・運営・記念講演を行う。
2010年7月には、「倭国創生と阿波忌部(」京都大学名誉教授・上田正昭氏推薦)を出版する。
2006年から吉野川市の歴史講座の講師を務める。県立高校社会教諭


三木信夫さん
1936年 徳島県美馬市 阿波忌部氏直系の三木家に生まれる。 関西(かんせい)学院大学法学部卒業。 現在、「NPO 法人全国重文民家の集い」 副代表幹事 国重要文化財 三木家住宅の管理者。 三木家は、阿波忌部(いんべ)氏直系としての忌部氏であって、上古以来 歴代の践祚大嘗祭に、御殿人(みあらかんど)として「麁服(あらたえ)」 を調進して朝廷と深いつながりを持っていた。麁服調進は、南北朝動乱に 至り、以降中断していたが、復活して大正・昭和の大嘗祭にその任を果し ている。平成2年の大嘗祭は、旧木屋平村・山川町の大勢の方々の物心両 面での支援と協力により「麁服」調進の任を果した。

行程
5月20日(土)
07:05 羽田発JAL453便ー徳島阿波踊り空港着08:15
08:30 徳島空港集合小型バスにて出発
09:00 松茂高速バスターミナル関西方面からの参加者合流
10:10 貞光道の駅トイレ休憩
10:20 出発
11:40 つるぎ山麓見ノ越リフト乗場着 昼食
12:20 出発
12:45 リフト駅西島駅到着 出発
13:20 大剣神社参拝
14:00 行者野・神の遊び場(道がない聖地中の聖地)
14:45 洞窟(一人では絶対行けません)
16:30 リフト西島駅出発
16:50 到着 宿舎へ出発
17:30 宿舎「つるぎの宿 岩戸荘」到着 チェックイン
19:00 夕食
20:30 セミナー「忌部文化のすべてを語る」講師 林博章先生
22:30 懇親会
5月21日(日)
06:30 清流瞑想(自由参加)
07:30 朝食
08:30 出発
09:15 天磐戸神社到着
11:15 磐戸神社出発
11:35 昼食 うどん店「田舎で暮らそうよ」
12:35 出発
14:00 三木家到着
セミナー「大嘗祭と阿波忌部」講師 三木信夫ご当主
16:00 出発
18:00 松茂高速バスターミナル到着
18:30 徳島阿波踊り空港解散
19:55 徳島空港発JAL464便ー羽田空港着21:10着

なお、天候、道路状況などにより、行程が変更となる場合がございます。
●キャンセル・ポリシーにつきまして。
下記の通りのお取り扱いとさせていただきます。何卒ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
【キャンセル料】
・ツアー3日前参加費の30%
・ツアー前日−参加費の50%
・ツアー当日、もしくは事前のご連絡がなかった場合−参加費の100%
※お客様の口座へ銀行振込で返金致します。(振込手数料はお客様のご負担とさせて頂きます)
【アドバイス】
・歩きやすい靴でご参加ください。
・今回巡る聖地は、特に聖なる場所を回ります。物見遊山なご参加は、事故が伴う恐れがありますので、ご注意下さい。
・天磐戸神社は剣山山麓に在り1,000m近い高地にあるので、寒さ対策が必要です。また、雨合羽もあれば便利です。

企画  松前 兼一
運営  株式会社アイウィルビー教育事業部
〒152-0023 東京都目黒区八雲2丁目15-16
TEL 03-6324-7300 FAX 03-6310-3483
MAIL matumae@iwillbe.co.jp
http://iwillbe.co.jp/
携帯  090-3186-1802
振込口座  みずほ銀行 高輪台支店 カ)アイウィルビー
普通 1054215

【お問い合わせ先】
〒152-0023
東京都目黒区八雲2丁目15-16
株式会社アイウィルビー
担当:松前兼一
Email:
TEL:03-6324-7300 / FAX:03-6310-3483
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

株式会社アイウィルビーのその他のプレスリリース

株式会社アイウィルビーのプレスリリース|2016年6月1日(水)感性論哲学第3回入門講座開催します。

2016年6月1日(水)感性論哲学第3回入門講座開催します。

株式会社アイウィルビー
2016年04月30日
イベント・セミナー | 教育・研究
感性論哲学を学びたいと思う方への入門講座です。こちらの講座を受けてから東京思風塾に臨まれると、理解が深く、多くの気づきが得やすいでしょう。
詳しく見る
株式会社アイウィルビーのプレスリリース|母性育む講演会&プレミアムトーク

母性育む講演会&プレミアムトーク

株式会社アイウィルビー
2014年04月18日
イベント・セミナー | その他
胎内記憶・幼児教育・スピリチュアルミッドワイフの第一人者が語る”愛の子育て” 笑いを交えた子育てに関する発言に注目! 胎内にいる赤ちゃんに話しかけると生まれて来た後の成長が期待出来るかも!
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。