Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
(株)ストーリーボックスのプレスリリース

【新サービス】 ドラマコンテンツを使った新しい広告ポータルサービス を開始



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/44161/



(株)ストーリーボックスのプレスリリース

2017年03月29日 14:00
[カテゴリ] 新サービス発表 [業種] 広告・デザイン
[関連URL] 【新サービス】 ドラマコンテンツを使った新しい広告ポータルサービス を開始



株式会社ストーリーボックス(本社:東京都台東区 代表取締役:張綜哲 以下「当社」)は平成29年3月1日から、韓流webドラマをフックに『バズマーケティング』を活用したマーケティングサービスを開始いたしました。






株式会社ストーリーボックス(本社:東京都台東区 代表取締役:張綜哲 以下「当社」)は平成29年3月1日から、韓流webドラマをフックに『バズマーケティング』を活用したマーケティングサービスを開始いたしました。

従来のバズマーケティングは主にSNSや自身のブログなどで肯定的な情報を発信し、話題とすることで不特定多数に情報を拡散させ、商品製品・サービスへの認知・興味喚起をさせることができる手法です。
当社のバズマーケティングは従来のそれとは一線を画し、韓流webドラマの第1話に企業様の商品情報や宣伝広告を映像又はテロップで掲載し、SNS(FacebookやTwitter等)をツールに不特定多数に韓流webドラマを拡散させ、企業様のホームページに誘致又は通販サイト・店舗への誘致・売上向上に寄与するサービスです。

 現在の韓流ドラマの視聴者は、視聴が手軽・作品の多様性等の理由により、地上波放送からwebストリーミングへ移行しております。また、SNS等の影響により、韓国文化を自身の日常生活の中に取り入れ始めている日本の若者が現れはじめております(韓流文化ブームの再発)。
 
当社は日韓に法人を有し、韓国webドラマ制作会社と独占販売代理権を取得し、多種多様な韓流webドラマの流通が可能です。一例として、@ファッション関係の企業様であれば、ファッションセンスの良いwebドラマをバズる* A飲食関係の企業様であれば、食べ物を題材としたwebドラマをバズる* ことで、企業様への顧客誘致が可能となります。

【お問い合わせ先】
〒110-0016
東京都台東区台東1-9-4 松浦ビル5F
(株)ストーリーボックス
担当:張 綜哲
Email:
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

(株)ストーリーボックスのその他のプレスリリース
その他のプレスリリースはありません。



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。