Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース

『目視録』によって、地域型住宅施工の“共通化”と“見える化”を実現



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/43323/



株式会社エー・エス・ディのプレスリリース

2016年12月02日 11:00
[カテゴリ] 新サービス発表 [業種] 住宅・不動産
[関連タグ] 地域 / 住宅 / 現場 / 品質 / 向上
[関連URL] 『目視録』によって、地域型住宅施工の“共通化”と“見える化”を実現



株式会社エー・エス・ディは、一般社団法人建設業総合支援機構が推進する地域型住宅「サスティナハウス」において、エー・エス・ディの提供するクラウド型施工情報管理システム『目視録』が活用されていることを発表しました。




株式会社エー・エス・ディ|『目視録』によって、地域型住宅施工の“共通化”と“見える化”を実現



株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦)は、一般社団法人建設業総合支援機構(本部:横浜市保土ヶ谷区、代表理事:本橋秀之)が推進する地域型住宅「サスティナハウス」において、エー・エス・ディの提供するクラウド型施工情報管理システム『目視録』が活用されていることを発表しました。
サスティナハウスは国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」に採択され、将来の増改築リフォームを見すえた持続可能性の高い住宅を基盤に間取り変更などの可変性ある住宅建築を行い、建築地の気候に風土に合わせた耐久安全性能、可変持続性能、エネルギー性能、快適性能の実現を支援するために、目視録による住宅性能履歴の“共通化”と“見える化”に取り組んでいます。

【建設業総合支援機構とサスティナハウスについて】
建設業総合支援機構は、長期優良住宅又は認定低炭素住宅の基準を満たした持続可能(サスティナブル)な住まい造りをテーマに、長寿命な住まい創りを推進するブランド住宅として「サスティナハウス」を提案。優良な建材や技術を効率よく採用するため、共有の基準・仕様・設計マニュアル・納まり等を規格化することが重要であるとともにユーザーへ情報発信をすることで、より採用しやすい環境を作ることができると考え、サスティナハウスの建築を推進しています。
 ■建設業総合支援機構ホームページ:https://www.facebook.com/kssk.org/

また同機構は、毎年安全大会を開催するなど中小企業の安全意識を高め、安全衛生への取り組みにも注力しています。地域型住宅グリーン化事業の推進において、優良住宅(長期優良住宅・認定低炭素住宅)における施工技術の向上と共に、施工を行う工事現場の専門業者の安全管理を重視し、施工の“共通化”と“見える化”を目指して、エー・エス・ディの「目視録」を活用しています。

【地域型住宅グリーン化事業について】
国土交通省の地域型住宅グリーン化事業とは、地域における木造住宅生産体制を強化し、環境負荷の低減を図るため、中小住宅生産者等が他の中小住宅生産者や木材、建材流通等の関連事業者とともに連携体制(グループ)を構築し、省エネルギー性能や耐久性等に優れた木造住宅・建築物の整備やこれと併せて行う三世代同居への対応等に対して同省が支援を行うものです。
平成28年度には、建設業総合支援機構が中心となって同事業の適用を申請し採択されています。「サスティナハウス」は、空(日射遮蔽)・風(通風)・火(省エネ、温熱環境)・水(設備機器)、地(構造、耐久性、維持、可変性)の5つの設計基準を設けた企画型住宅です。
■地域型住宅グリーン化事業ホームページ:http://chiiki-grn.jp/

【クラウドサービス「目視録(もくしろく)」について】
目視録は建設・設計・リフォームの現場に関わる全ての情報を記録・共有し、活用することで業務を改善させる、導入が容易なクラウド型の施工情報管理システムです。@現場からタイムリーに直接施工を報告できる A設計図書と関連付けて施工記録を残すことが可能 B写真付き報告書を簡単に作成 C工事進捗を確認しながら施工履歴を共有できるなどの特長を備え、お客様の様々なご要望に対応してカスタマイズを行うなど、最適なシステムを提供しています。
 ■製品サイト:https://www.mokusiroku.com/

【株式会社エー・エス・ディについて】
エー・エス・ディは、安全で安心できる住まいづくりの現場品質向上と業務効率向上を目指し、2000年2月に設立されました。以来、建設・建築業者向けに“現場が見える経営”を支援するクラウドサービス「目視録」や診断と点検報告が容易におこなえる「点検録」、スマホ用赤外線カメラ「FLIR ONE」活用など、ユニークかつ高機能な製品サービスの開発とシステムインテグレーションを提供。また当社の取り組みが評価され、経済産業省主催の「2016年 先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞しています。
■ホームページ:http://www.asd-inc.co.jp/

【お問い合わせ先】
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT新横浜 5F
株式会社エー・エス・ディ
担当:営業部:廻谷(めぐりや)
Email:
TEL:045-478-2482 / FAX:045-478-2483
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

株式会社エー・エス・ディのその他のプレスリリース

株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|中小企業庁の“IT導入補助金”に『目視録』が採択〜最大100万円の補助金で現場生産性の向上が可能に〜

中小企業庁の“IT導入補助金”に『目視録』が採択〜最大100万円の補助金で現場生産性の向上が可能に〜

株式会社エー・エス・ディ
2017年05月11日
その他告知・募集 | IT・情報通信業
株式会社エー・エス・ディは、クラウド型施工情報管理システム『目視録』が、「IT導入補助金」の対象製品に認定。 生産性の向上を図ろうとする中小企業は、ソフトウェア・サービス導入費の2/3以内、最大100万円までの補助金を受けることが可能です。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|現場改革に取り組む、『現場活性化研究会』を初開催〜現場を取り巻く課題の発掘と見える化について情報を交換〜

現場改革に取り組む、『現場活性化研究会』を初開催〜現場を取り巻く課題の発掘と見える化について情報を交換〜

株式会社エー・エス・ディ
2017年04月26日
CSR活動報告 | IT・情報通信業
株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦 )は、去る4月21日、建設現場の活性化を目指し、第一回目となる『現場活性化研究会』を開催したことを報告します。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催

『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催

株式会社エー・エス・ディ
2016年11月21日
イベント・セミナー | 住宅・不動産
株式会社M's 構造設計と株式会社エー・エス・ディの両社は、安心できる家づくりを支援するために「耐震不安解消プロジェクト」を発足し、その活動の第一弾として『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|現場点検システム『点検録( てんけんろく) 』 が横浜市の販路開拓支援事業に

現場点検システム『点検録( てんけんろく) 』 が横浜市の販路開拓支援事業に

株式会社エー・エス・ディ
2016年11月08日
新サービス発表 | IT・情報通信業
点検録は建設現場でタブレット端末を使って点検業務の各種帳票記入ができるクラウドサービスです。記入された帳票は、関係者間で即時共有できて「いつ、どこで、誰が、どのように」点検したか、記録を効率良く残すことができます。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|埼玉県住まいづくり協議会が『目視録』で住宅性能履歴の“見える化”を実現〜国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」推進をサポート〜

埼玉県住まいづくり協議会が『目視録』で住宅性能履歴の“見える化”を実現〜国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」推進をサポート〜

株式会社エー・エス・ディ
2016年10月06日
新サービス発表 | IT・情報通信業
埼玉県住まいづくり協議会コバトンの家グループが、エー・エス・ディの提供するクラウド型施工情報管理システム『目視録』を活用し、住いの長期的資産価値を高める「地域型住宅グリーン化事業」において、住宅性能履歴の“見える化”に取り組んでいることを発表しました。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|エー・エス・ディが、インスペクションや点検報告が簡単にできる『点検録』を発表

エー・エス・ディが、インスペクションや点検報告が簡単にできる『点検録』を発表

株式会社エー・エス・ディ
2016年05月19日
新製品発表 | IT・情報通信業
点検録は、タブレット端末iPad用アプリケーションを起動して点検報告書式を選択すると、紙に記述するのと同じ感覚で記入できます。 また、累計で180万現場の導入実績がある施工情報管理システム『目視録』と連携することができます。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|経済産業省主催「先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞 〜クラウドサービスによる“現場の見える化”への貢献に高い評価〜

経済産業省主催「先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞 〜クラウドサービスによる“現場の見える化”への貢献に高い評価〜

株式会社エー・エス・ディ
2016年03月23日
社内活動報告 | IT・情報通信業
株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦 )は、このたび経済産業省が主催する「平成27年度 先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)」を受賞しました。
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。