Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース

『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/43236/



株式会社エー・エス・ディのプレスリリース

2016年11月21日 11:00
[カテゴリ] イベント・セミナー [業種] 住宅・不動産
[関連タグ] 熊本 / 解体 / 調査 / 報告会
[関連URL] 『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催



株式会社M's 構造設計と株式会社エー・エス・ディの両社は、安心できる家づくりを支援するために「耐震不安解消プロジェクト」を発足し、その活動の第一弾として『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催。






株式会社M's 構造設計(本社:新潟市中央区、代表取締役社長:佐藤 実)と、株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦 )の両社は、安心できる家づくりを支援するために「耐震不安解消プロジェクト」を発足し、その活動の第一弾として『熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会』を12月19日に開催します。
また今回の報告会では、株式会社ソイルペディア(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐藤一枝)も参加し、地震による建築物の倒壊を防ぐため、「地盤・基礎・構造の三位一体」の重要性について講演します。

【『熊本地震による築浅倒壊物件解体調査報告会』の開催概要】
<日 時> 平成 28 年 12月 19日(月) 13:30〜16:30 ※13:10より受付開始
<会 場> 中小企業会館 9階講堂
東京都中央区銀座2-10-18  http://www.tokyo-kosha.or.jp/kosha/office/chusho.html
  <プログラム> 
第一部:13:30〜15:30 熊本地震の倒壊はなぜ起きたのか?「築浅倒壊物件の解体調査報告」
第二部:15:40〜16:30 本当に安心できる家づくりのために
            「確実な施工履歴が安心な住宅を担保する」
            「地盤は切り離せない、地盤・基礎・構造の三位一体」
<対象者> 地域密着型の設計事務所および工務店様
<定 員> 先着 100 名様
<参加費> 3,000円 ※当日配布の資料代として
<参加方法> 本リリース末尾の問合せ先までご連絡お願いいたします。
<詳細情報> 案内ページ:http://www.asd-inc.co.jp/event.html?event_tab1_2#sub-seminar-3


【「耐震不安解消プロジェクト」について】
このたび、M's 構造設計とエー・エス・ディは多くの建物被害をもたらした熊本地震の現地調査を実施した結果、その要因が構造設計や施工管理の不足にあることに深く憂慮し、地震災害をテーマに様々な角度から家づくりについて問題や情報を共有する「耐震不安解消プロジェクト」を発足し、上述の通り12月19日には「熊本地震による築浅倒壊物件の解体調査報告会」を共催します。
今後も両社は、M's 構造設計が運営する「構造塾」、エー・エス・ディの「施工管理」という両社のノウハウや知見を活用、さらには同じ志をもった事業者と相互連携し、本当に安心できる家づくりを支援していく予定です。
【M's 構造設計について】
 2006年に設立された株式会社M's 構造設計は、木造構造建築物で忘れがちな「構造(強)」デザインすることで、使いやすさ(用)と美しさを兼ね備えた「建築物」を提案しています。2010年より、構造計算を中心とする様々な業務において、住宅業界全体の底上げと安全で安心できる住宅を提供することを目的とした「構造塾」をスタート。工務店・設計事務所の構造計画・構造計算などをトータルにサポートし、設計スキルの底上げに努めています。
■ホームページ:http://www.ms-structure.co.jp/

【エー・エス・ディについて】
株式会社エー・エス・ディは、安全で安心できる住まいづくりの現場品質向上と業務効率向上を目指し、2000年2月に設立されました。以来、建設・建築業者向けクラウドサービス「目視録」や住宅履歴情報サービス「住歴録」、スマホ用赤外線カメラ「FLIR ONE」活用など、ユニークかつ高機能な製品サービスの開発とシステムインテグレーションを提供するとともに、施工履歴を確実に残していくことに注力しています。また当社の取り組みが評価され、経済産業省主催の「2016年 先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞しています。
■ホームページ:http://www.asd-inc.co.jp/

【ソイルペディアについて】
 株式会社ソイルペディアは、木造住宅の設計や施工において、地盤に関連する業務は地盤業者に一任し設計者が深く関与していないケースが多いという状況を打破するため「地盤・基礎・上部構造の一体設計」を統括することが必要との考えから、2015年10月に設立されました。ソイルペディアでは建物構造・基礎・地盤の三位一体設計および施工、さらに独自の「第三者評価=ソイルペディア基準」を取り入れた検査業務など、トータルサポートを行っています。
■ホームページ:http://soilpedia.co.jp/



【本リリースおよびセミナーに関するお問合せ】
株式会社エー・エス・ディ 営業部:加藤
■TEL:045-478-2482 ■メール:sales@asd-inc.co.jp

【お問い合わせ先】
〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜
株式会社エー・エス・ディ
担当:営業部:加藤
Email:
TEL:045-478-2482 / FAX:045-478-2483
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

株式会社エー・エス・ディのその他のプレスリリース

株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|『目視録』によって、地域型住宅施工の“共通化”と“見える化”を実現

『目視録』によって、地域型住宅施工の“共通化”と“見える化”を実現

株式会社エー・エス・ディ
2016年12月02日
新サービス発表 | 住宅・不動産
株式会社エー・エス・ディは、一般社団法人建設業総合支援機構が推進する地域型住宅「サスティナハウス」において、エー・エス・ディの提供するクラウド型施工情報管理システム『目視録』が活用されていることを発表しました。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|現場点検システム『点検録( てんけんろく) 』 が横浜市の販路開拓支援事業に

現場点検システム『点検録( てんけんろく) 』 が横浜市の販路開拓支援事業に

株式会社エー・エス・ディ
2016年11月08日
新サービス発表 | IT・情報通信業
点検録は建設現場でタブレット端末を使って点検業務の各種帳票記入ができるクラウドサービスです。記入された帳票は、関係者間で即時共有できて「いつ、どこで、誰が、どのように」点検したか、記録を効率良く残すことができます。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|埼玉県住まいづくり協議会が『目視録』で住宅性能履歴の“見える化”を実現〜国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」推進をサポート〜

埼玉県住まいづくり協議会が『目視録』で住宅性能履歴の“見える化”を実現〜国土交通省の「地域型住宅グリーン化事業」推進をサポート〜

株式会社エー・エス・ディ
2016年10月06日
新サービス発表 | IT・情報通信業
埼玉県住まいづくり協議会コバトンの家グループが、エー・エス・ディの提供するクラウド型施工情報管理システム『目視録』を活用し、住いの長期的資産価値を高める「地域型住宅グリーン化事業」において、住宅性能履歴の“見える化”に取り組んでいることを発表しました。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|エー・エス・ディが、インスペクションや点検報告が簡単にできる『点検録』を発表

エー・エス・ディが、インスペクションや点検報告が簡単にできる『点検録』を発表

株式会社エー・エス・ディ
2016年05月19日
新製品発表 | IT・情報通信業
点検録は、タブレット端末iPad用アプリケーションを起動して点検報告書式を選択すると、紙に記述するのと同じ感覚で記入できます。 また、累計で180万現場の導入実績がある施工情報管理システム『目視録』と連携することができます。
詳しく見る
株式会社エー・エス・ディのプレスリリース|経済産業省主催「先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞 〜クラウドサービスによる“現場の見える化”への貢献に高い評価〜

経済産業省主催「先進的なリフォーム事業者表彰」を受賞 〜クラウドサービスによる“現場の見える化”への貢献に高い評価〜

株式会社エー・エス・ディ
2016年03月23日
社内活動報告 | IT・情報通信業
株式会社エー・エス・ディ(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:内山岳彦 )は、このたび経済産業省が主催する「平成27年度 先進的なリフォーム事業者表彰(経済産業大臣表彰)」を受賞しました。
詳しく見る



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング