Webデザイン制作・グラフィックデザイン制作・コンテンツ企画・販促キャンペーン企画など承ります。株式会社レベルQ
LINEスタンプ 鳥獣うふふ画

スポンサード リンク
チンクエチェント博物館 事務室内『浅間ヒルクライム 2012 運営事務局』のプレスリリース

公道封鎖のヒルクライム・イベント「浅間ヒルクライム 2012」開催決定!



[ AD ] スキがもっとスキになる。ソーシャル・ナレッジ・メディア「BIRDY」 [ AD ]

http://newzine.net/newsrelease/25557/



チンクエチェント博物館 事務室内『浅間ヒルクライム 2012 運営事務局』のプレスリリース

2012年09月13日 10:00
[カテゴリ] イベント・セミナー [業種] 自動車・輸送機器
[関連タグ] 小諸 / ヒルクライム / 車坂峠 / レーシングカー / ヒストリックカー
[関連URL] 公道封鎖のヒルクライム・イベント「浅間ヒルクライム 2012」開催決定!



日本国内ではおそらく初開催となる、クラシックカーおよびレーシングカーによる本格的なヒルクライム・イベント「浅間ヒルクライム2012」を今年10月27-28日に長野県小諸市の高峰高原にて開催す ることになりました。






日本国内ではおそらく初開催となる、クラシックカーおよびレーシングカーによる本格的なヒルクライム・イベント「浅間ヒルクライム2012」http://www.asama-hillclimb.com を、今年10月27-28日に長野県小諸市の高峰高原にて開催す ることになりました。

ヒルクライムとは、封鎖した公道などの登坂コースを駆け上がるモータースポーツ。美しい自然を舞台としたダイナミックなレースは、特にヨーロッパ大陸では第二次大戦前からサーキットレースにも負けない人気を誇り、1960-70 年 代には国際自動車連盟(FIA)による国際格式の欧州選手権も開催されていました。

もちろん現代でも、欧米では数多くのイベントが開催されていますが、とりわけ人気の高いのが、クラシックカーおよ びレーシングカーによるヒルクライムなのです。

【『浅間ヒルクライム 2012』について】
そしてこのほど、いよいよ実現の運びとなった「浅間ヒルクライム 2012」は、イタリアで毎年開催されている、さる人 気ヒルクライム・イベントよりインスパイアされたものです。しかし、その基本精神は受け継ぎつつも、二輪車カテゴ リーを設けるなどの独自性を持った新しいイベントとして、今後も日本のモータースポーツ愛好家の皆様から末永く愛 していただけることを期待しております。

<『浅間ヒルクライム 2012』実施概要>
○開催日 :平成24年10月27日(土)、10月28日(日) ○会場 :長野県小諸市 チェリーパークライン ○主催:浅間ヒルクライム実行委員会

チンクエチェント博物館 / KARUZAWA C&S CAR CLUB / モトテカコーヒー/合同会社 吉揮 / コニサーズ・クラブ武田

○協賛:LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー ディヴィジョン / 横浜ゴム株式会社/ガレーヂ伊太利屋 / ポルシェ・ジャパン株式会社 / 株式会社パパコーポレーション

○後援:イタリア政府観光局(ENIT)/ 日本自動車輸入組合(JAIA) / 長野県小諸市

○URL:http://www.asama-hillclimb.com
○Facebook ページ:http://www.facebook.com/AsamaHillClimb

【内容】
(9月12日現在) (9月12日現在)
一般公道約7kmを封鎖し、二輪車 / 四輪車のクラシック及びレーシングモデルが紅葉の浅間山麓を走る ヒルクライム・イベント。

【参加車両】
二輪車 / 四輪車とも、レーシングモデル(製造年による制限なし) あるいは、1980 年代までのスポーツモデル *その他、実行委員会が認めた車両

【お問い合わせ先】
〒467-0872
愛知県名古屋市瑞穂区高辻町
チンクエチェント博物館 事務室内『浅間ヒルクライム 2012 運営事務局』
担当:伊藤精朗
Email:
TEL:052 -871-6464 / FAX:052-882-1105
このプレスリリースのアクセス状況分析
FLASHが表示されません

このプレスリリース記事への検索キーワード分析
FLASHが表示されません

チンクエチェント博物館 事務室内『浅間ヒルクライム 2012 運営事務局』のその他のプレスリリース
その他のプレスリリースはありません。



リリースアクセスランキング
登録キーワードランキング
ランクインされている登録キーワードはありません。